おすわり直前からバイリンガル・ラーニングボックス

バイリンガル・ラーニングボックス

いろいろな仕掛けが施された知育ボックスおもちゃ。
種類が豊富でどれにしようか悩みがち。

カナダで生活する我が家は、フィッシャープライスの『バイリンガル・ラーニングボックス』にしました。

https://chiiku-boy.com/wp/wp-content/uploads/2020/01/momomi.png
ももみ

カナダで買うと
「英語とスペイン語」とか
「英語とフランス語」になっちゃうからね!

こんな方におすすめの記事
  • このボックスの購入理由を知りたい
  • 何ヶ月でどうに使いこなせるのか知りたい
  • 赤ちゃんの反応を知りたい

カナディアンの旦那(ニック)も大満足です!
ニックが最も喜んだポイントは

アジア独特の謎のABCソングではないところ。

「何の話し??」と思った、そこのあなた。

本場、英語圏では「ABCD〜」から始まり「HIJK LMNOP」
ここまでが一区切りなんです。
日本では「HIJK LMN」のバージョンが多いと思います。

https://chiiku-boy.com/wp/wp-content/uploads/2020/01/Nick-surprise.jpg
ニック

日本バージョン、受け入れられない。僕が知ってるABCの歌と違う(泣)

先日偶然にも、カナダのラジオでこのことが取り上げられていました。
みんな「!????!?」からの「なぜ???」と驚きが隠せないご様子。

「バイリンガル」を名乗っているだけあり、日本語と英語が流れるのですが、その英語が間違っているものも多い中、こちらはカナディアンお墨付きです。(大切なポイント)

https://chiiku-boy.com/wp/wp-content/uploads/2020/01/Nick-ohno.jpg
ニック

本当によかった。もはや他はどうでもいい。

ここまでは、買った後にわかった「よかったよかったポイント」です。

・購入することにした決め手と
・成長と共に遊べる種類が増えていく様子を示したチャート
を以下につづります。

この知育ボックスにした理由

まったくおもちゃに興味を示さなかった我が子。

おすわりができるようになってきた生後6ヶ月あたりから、徐々に周りのものに興味を示すように。

https://chiiku-boy.com/wp/wp-content/uploads/2020/01/momomi.png
ももみ

そろそろおもちゃで遊べるのでは?

調べると、はやりの知育ボックスは生後6ヶ月からとの記載が。
知育ボックスを購入することにしました。

いろいろあったのですが、色合いなどの親の好みから選び、
最終的にこちらの『やみつきボックス』と悩みました。

こちらの方がバイリンガルボックスよりも
・多くの機能があり、
・複雑で
・難しそうな遊びが多く、
・より長く遊べそう
という印象です。

レビューでも生後10ヶ月からの使用をおすすめされているが6ヶ月ごろに使い始めたと言う声も多数ありました。

しかし、

https://chiiku-boy.com/wp/wp-content/uploads/2020/01/momomi.png
ももみ

生まれてたったの6ヶ月。金額も3000円前後。月齢にあったおもちゃをあげようかな!

ということで、

購入の決め手
  • シンプルで
  • ひとつ一つが大きく
  • 色がはっきりしていて
  • 分かりやすい
を理由に、こちらのボックスに決めました!

月齢ごとの楽しめた遊びチャート

生後6ヶ月
音を聞いて、光を見つめる
バイリンガル・ラーニングボックスの鍵盤
バイリンガル・ラーニングボックスのライオン

自分で遊べる機能はありませんでしたが、音や光に大いに反応。

なので、大人が音楽を流してあげて、赤ちゃんは寝転びながら眺めて楽しむという遊び方。

足の位置に置いておくと、鍵盤のサイズが大きいので足が当たり定期的に音が流れます。

生後7ヶ月
まずはおもちゃに慣れる

お座りが出来るようになり、少しずつ自分で遊べるように。

ブロックを両手でカチカチぶつけたり、ボックスを叩いたりという遊び。まだ本来の遊び方はできませんでしたが、6ヶ月の時同様、音や光には大いに反応します。

たまにお座りの足が当たり、鍵盤やボタンが反応。
角についた葉っぱをグーパーで触って遊べました。

バイリンガル・ラーニングボックス固定葉っぱ
生後8ヶ月
一気に遊びの幅が増えたお座り初期

お座り安定期。ようやく本来の遊びがスタートしました。

8ヶ月前半。ボックスをひっくり返して大胆な遊びを始めました。

横になったバイリンガル・ラーニングボックス
倒されたカバさん

その拍子にいろんな音が鳴りました。上下にギコギコできる葉っぱを動かして見せ続けていたら、遊べるようになってきました。

バイリンガル・ラーニングボックスの葉っぱ
動かすとカチカチと鳴る葉っぱ

8ヶ月後半。チョウチョの絵本を自分で音を鳴らした時は感動しました。「すごい!」と思わず褒めました。

バイリンガル・ラーニングボックスの蝶々の羽

チョウチョの上についた回転ボールをグーパーで回す遊びも覚えました。また、カバの口を発見し、手を突っ込んでるのを見て感激。

バイリンガル・ラーニングボックスのカバの口
開いたカバの口

ブロックを見ながら、丸だよ三角だよというように会話でも大活躍しています。成長を肌で感じられる良い商品です。

生後9か月
受話器取り外しに夢中
生後10ヶ月
人差し指でボタンが押せる
生後11ヶ月

バイリンガル・ラーニングボックスの問題点?

バイリンガル・ラーニングボックスの問題点?

あるレビューに四角に星形が入ってしまうとありました。

実際、試してみたところ、(入った。。。)

しかし、大人の私が何度か試して
「あ、星を横にすると確かに四角になるんだな」と。むしろ、感動。

言葉がわかるようになったら星型も見方を変えれば四角という風に子どもに教えてあげられたらなあと思いました。

梱包時に繋がって届いた受話器の紐を9ヶ月になるまで切らずにいたのですが、正解でした。以前はその受話器をバタバタ手で動かして遊んでいました。